2021年10月05日

ワタル、終了

KBS京都テレビで放送されていた「魔神英雄伝ワタル」が、ほぼ終了しました。
ほぼ終了、というのは、第44話「輝け!創界山の虹」で本編は終了、最終話の「春だ祭だモンジャ村」は、いわゆるファンサービスのような内容の話なので、あえてこう記しました。
この作品は、昭和から平成にかけて放送された作品で、内容も良く見るとその時代なり、という感じなのですが、現在のアニメと決定的に違うのは、1年(4クール)をかけて、しっかりと物語(旅)を描けたことでしょう。

44話のラストで、創界山から、現在の世界に戻ってきた主人公のワタルが「(創界山での出来事)あれは夢だったのかな・・・?」とつぶやいた後で、第1話で自分が作った粘土細工の龍神丸を見つけ、(ここから、BGMで主題歌のインストがフェードインしてくる音響演出もGOOD!)「龍神丸だ!あれは夢じゃなかった!夢じゃなかったんだ!」と叫ぶシーンでは、当時大学生でしたが、少しウルッと来ました。こういう感動は、やはり、1年近く話を積み重ね、またそれを視聴していないと、出せないものだと思います(個人的には)。

あと、思い出すのは、当時大学の関係で住んでいた名古屋では、毎週金曜日夕方の同時ネットでの放送だったのですが、関西では、なぜか朝の10時30分あたりからの放送で、ビデオが無ければとても視聴できる状態ではなく、「何でやねん!」と思ったものです。

この記事へのコメント
最初朝5時台では。
Posted by 南部 at 2021年11月16日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。